■室久保林道・西沢林道・東沢林道




GPSによる走行ログはこちら → クリック
日記と合わせてご覧ください。



◆7/02(日) 天気:曇り→雨


天気予報は雨でしたが、外を見ると陽が差している!
これは出かけねばと思い、急いでオフロード装備をして出発です。



出発が9時半と遅れてしまったので、行ける場所はもう限られてます。
今日は半年振りに道志の林道に向かうことにしました。



しかし・・・・津久井を抜けて道志みちを山中湖方面に向かうと、
どんどん空模様が怪しくなりやがて雨に。


そして雨足は強まりそのまま豪雨に。

しかし、既にこの時点で今更戻るわけにも行かない場所まで来てしまってました。
雨は止むと思ってそのまま走ってたので、レインウェアを着るタイミングも誤まってしまいました。
レインウェアのジャケットは体がそれほど濡れる前に間に合ったものの、パンツはもう間に合わず。
徐々に下着に浸水してきたような気がしますが、今更レインウェアのパンツを履いても間に合わないので・・・上だけ着てそのまま林道に入ります。





国道413号を「道志の湯」方面に外れしばらく走ると、室久保林道のダート。
雨が激しすぎるので木の下に隠れてみましたが、もうどうしようもない状態です。
デジカメは防水仕様なので構わず撮影してますが、壊れないかちょっと不安。





なかなか激しいことになってます。
雨が打ちつけ、路面は大きな水溜りだらけです。
この後も川のような状態になった林道をひたすら進みます。





そして室久保林道のゲートに到着。
このゲートはバイクを横倒しにしない限り通過することは出来ない雰囲気ですが、
半年前に魔法の鍵を手に入れたので問題ないです。

ちなみに1月1日はこんな感じ





恒例儀式として、今日も鍵の偉大さをアピールします。
しかし、今日は降りしきる大粒の雨の影響でややテンション低めなポーズ。
ずぶ濡れでなにやってんだ自分・・・・

1月1日はこんなテンション





ゲート通過後、雨は徐々に弱まってきましたが・・・
所々ある沢渡りの水量がかなり増してます。





室久保林道の終点に到着しました。
この先は西沢林道&東沢林道との分岐なのですが、またもやチェーンゲート。
横から抜けられそうにも見えますが、写真右脇は半年前に来たときよりも土が高く盛られ、左脇には落とし穴のような大穴が開けられてて通行不可。。





仕方ない・・・また開けます。
ゲートを合法的に越えられるのは感動的ではあるんですけど、結構面倒な作業です。
しっかりとチェーンを張りなおして鍵をかけるのって結構大変。





その後、東沢林道を経由して道志の森キャンプ場の湖畔へ。
雨は弱くなったのですがカメラのレンズに水滴がついてしまって、写真がぼやけ気味。





道志の森から今度は西沢林道へやってきました。
西沢林道と東沢林道は、このようにゲートを通過さえすれば周回することが出来ます。
しかしこちらもチェーンゲート2箇所の鍵を開けなければ通行不可。
横から半年前は抜けられたんですけどね・・・今は大きな石が置かれています。

ちなみに、この付近を走っているとき多摩ナンバーのオフ車3人組グループと何度かすれ違いました。
彼らはゲートの鍵が無いので走れる場所を行ったり来たりしてる感じですが、もしかしたらバイクを引きずってチェーンの下をくぐってるのかも。



道志の森にはちょっとした斜面がある広場があるので、また東沢林道を抜けた後はジャンプの練習等をしてから帰ることにしました。





帰りもずっと雨に降られてますが、国道412号を厚木に向け南下中にXRの走行距離が22,222kmを突破しました。
新車で買ってから1年5ヶ月で22,222km・・・多分走ってるほうだと思います。
前に乗っていたバイクは25、000kmほど走ってから買い換えましたが、まだXRの走行距離は延ばすつもりです。オフロードバイクはオンロードよりもやっぱり楽しいです。



15:30ごろ帰宅。
横浜市内に入る頃には雨も止み、家に着いた頃にはむしろ晴れ間すら出てきました。
山沿いの豪雨はかなり激しかったですが、がけ崩れの恐れがあまり無い林道なので、そんなに危険な場所はありませんでした。

ただ、あの林道群はそれなりに楽しめるものの、鍵を開けてまで進む価値はあまり無いかもしれません。林道の距離も半年前に行った時は長く感じたのですが、あれは雪道だったから時間がかかっただけなのかもしれませんね。



走行距離 195km



INDEX