■川上牧丘林道



◆6/14(土) 天気:晴れ


GPSによる走行ログはこちら → クリック



半年間冬季閉鎖され、毎年6月から11月までしか走れない川上牧丘林道。
冬季閉鎖解除を受け早速走ってきました。やはり峠に向かってダートが延びる長野側から進入です。





廻り目平キャンプ場との分岐。
左側の道を直進すると、川上牧丘林道のダートです。





ここからダート開始。
荒れた路面で有名な川上牧丘林道。楽しみですね。





予想したより荒れていない・・・というかかなり走りやすいです。
以前走っていたときはもっと走りにくかったような気もするのですが。





う・・・なにやはら黒い雲が迫ってきました。
ちょっと危険な感じですね。峠のほうは大丈夫でしょうか。





このあたりはまだフラット。
安心してのんびり走ります。少々物足りない感も出てきました。





しかし、徐々にですがいい感じになってきました。
以前はもっと岩盤むき出しでごつごつしてた印象があります。





おお・・・・なんと雪を発見。
2年前に来た時も同じような時期でしたが、もう雪は全て溶けきっていたんですよね。
今年は去年よりも気温が低めなのかも。





そうそうこんな感じです。
以前よりはマシになったような気がしますが、川上牧丘林道といえばやはりこの悪路な感じ。
たまにバランスを崩しそうになりつつ峠に向かって一気に進みます。





峠が近づいてくるにつれて、徐々に路面も安定してきてフラットダートになりました。
標高2,300mオーバーの大弛峠もすぐそこです。





14:50
大弛峠に到着。
北奥千丈岳の登山口もあるため、相変わらず登山者の車が多いですね。
ここが山梨県と長野県の県境なのですが、山梨側は舗装路なのでほとんどの車はそちらから来るようです。





山梨側へ舗装路を走って帰ることにします。
しっかり片側1車線の幅員があるため問題ないですが、そこはやはり林道。
少々路面が痛んでいる場所もあります。
でも、おおむね快適に走れるので大丈夫です。





帰り道にちょっと休憩。
今日は雲が綺麗で且つしっかり晴れていて素晴らしい陽気でした。
早めの夏が訪れた感じですが、もうまもなく梅雨になるんですよね。





この後は休まず一気に帰りました。
2年ぶりの中津川、相木川上、川上牧丘林道は相変わらず素晴らしい林道でした。
家から軽く片道150km近く距離が離れているのが残念ですが、
違う季節にまた向かいたい林道です。



走行距離:418.3km



INDEX