■大窪林道



◆8/09(土) 天気:晴れ


GPSによる走行ログはこちら → クリック





七ヶ岳林道を抜けて国道400号線を北上。
次にやってきたのが大窪林道です。
東西に走るこの林道、東側から進入します。





砂利は少々深くハンドルを取られそうになりますが、
気持ちよく走る事が出来る林道です。





序盤はこのように遠くまで見渡す事が出来ます。
眼下にうねうねとくねりながら走る事が出来る国道400号を見ることが出来るのですが、
迂闊にも写真を撮るのを忘れてしまいました。





全体的にストレートが多く気持ちいいです。
スピードを出し過ぎないように注意して走りましょう。





中盤になってくると、路面の石ころがどんどん大きくなってきます。
この大きさくらいがこの林道で一番激しいところでしょうか。
気をつけて走れば問題無しです。





この分岐を右に曲がると本線、左に曲がると駒止湿原だと思います。
走っているとかなり暑いため、ここの日陰でちょっと休憩しました。

休憩後は本線を右に向かいます。





分岐後は森の中を走るため暑さは多少和らぎます。
路面もかなり走りやすくなってきました。





なんという名前は忘れましたが、右側に池があるポイントを通過です。
この付近は本当に涼しくていい感じです。





しばらく進むとT字路となり、大窪林道は玉川林道にぶつかり終点となります。
ここを右折して玉川林道から抜ける事にしましょう。





12:15
走りやすい玉川林道を進むとこんな場所に出ました。
車でテーブルを持ち込んでいる老人がいましたが、どうやらここで取った茸を食べるようです。





ちなみにここは「冷湖の霊泉」と呼ばれる泉になっており、水を汲みに来る人たちが絶えない場所だそうです。





そうこうしてるともう1台車がやってきて、中から大量の空ペットボトルを持ち出した人たちがやってきました。
しばらくしてペットボトルにどんどん水を汲み始めましたが、この人たちはこの水を何に使うのでしょうか。
ハンパ無い量なので業務用かもしれませんね。

私たちもここで昼休憩を取り、霊泉をたらふく飲んだ後再出発です。





玉川林道を爽快に走りぬけ13:00には国道401号線に合流。
最初の大窪林道は交通量が少ないものの、幅員がやや狭く少しだけ荒れた印象でした。
玉川林道のほうは冷湖の霊泉があるせいか、交通量もやや多く路面かなり締まってました。
どちらもバイクで走るには問題なく素晴らしい林道でした。

さて、また次の林道へと向かう事にしましょう。
今日も木賊温泉でキャンプなので林道を満喫するには申し分ないです。



小塩塩ノ岐林道へ続く



INDEX