■小塩塩ノ岐林道



◆8/09(土) 天気:晴れ


GPSによる走行ログはこちら → クリック





13:40
県道351号を走行しているとこんな立て札があります。
探していた小塩塩ノ岐林道の東側入り口を発見。





程なくして路面がダートになります。
ガンガン進みましょう。





路面はフラットな場所もあれば、石ころがごろごろしている場所も。
油断するとハンドルをとられがちな場所もしばしば。





基本的にはずっと森の中を走る感じです。
景色は開けませんが、夏の日差しが強すぎるためちょうどいい感じです。





路面は徐々に悪くなってきます。
勾配も登り坂になり、なかなか楽しくなってまいりました。





この登り勾配で嫁さんがこけました。
後ろから見ていましたが、急に前輪がとられ斜めになって転倒。
怪我はなくて何より。





うーん、これでは転んでも仕方ないような路面です。
この砂利はなかなか大きく、そして深いです。
しかし、こんな場所をわあわあ言いながら走るのもなかなか楽しいものです。

この後、木々に囲まれた広場があったのでしばらく休憩しました。





なんと林道も終盤、北側に来ると路面がフラットになり景色も開けてきました。
これはなかなか爽快です。





なにやらやる気満々なエンジン音が聞こえてきました。
先行して走っている嫁さんのXRとは明らかに違うと思っていましたが、
下からYAMAHAのWRがなかなかの勢いで突っ込んできました。





かっこよかったので思わず撮影。
ライダーはポーズを取って走り去っていきました。



その後、後からやってきたジェベルのライダーと会話。
どうやら先ほどのWRの方と遊びに来てたようです。
しかも、今夜は同じキャンプ場に泊まることまで明らかになりました。





終盤戦は快適な林道走行。
日陰は涼しく気持ちいいですね。





15:20
終点に到着しました。
再び県道351号線に合流する事になります。

小塩塩ノ岐林道は予想に反してなかなか走り応えのある林道でした。
登りはバランスを取るために結構体も動かしていてかなり暑かったですね。
さて、今日は早めにキャンプ場方面に戻りましょう。





帰り道の国道。
車もほとんど走っていません。
ダートから舗装路に戻ってくると走るのも楽ちんですね。



さて、結局木賊温泉の近くに戻っては来たのですが、まだちょっと時間は早いので・・・
一度山の向こうの湯の花温泉まで行って、両温泉街を結ぶ唐沢峠のダートを走ることにしました。





しかし・・・・
なにやら大規模な工事が行われている模様です。
これはちょっと厳しいか!?





なんと・・・
これは無念。ガードレールでガッチリと進路が塞がれてしまっております。





工事の原因はこれ。
なんと大きなトンネルが作られていますよ。
大きな谷に橋をかければ開通という感じでしょうか。
トンネルはもうしっかり作られているようです。





そして左の道が唐沢峠へと続くダート。
橋が架けられたら旧道として機能するのでしょうか。
なんとなく廃道化する可能性が高いですが、せめて工事後に走れるようにしてくれればと思います。



残念ながら唐沢峠越えは諦めて、国道を経由し木賊温泉に戻りました。
そして夜はたっぷりお酒を飲んで満天の星を見て眠ります。
真夏ですが夜はかなり涼しく快適です。虫刺されで足がちょっと痒いですがここは我慢ですね。
そうそう、このキャンプ場ではホタルも出てきてびっくり。とても素敵なところです。



さて、明日は3連休の最終日。
予定では去年時間の関係で諦めた川俣桧枝岐林道へ行く予定。
天気は徐々に悪くなってくるようですが、雨に降られる事は無さそうなので楽しみです。



走行距離:201.3km



川俣桧枝岐林道へ続く



INDEX