■金谷元名林道



◆2/8(日) 天気:晴れ


GPSによる走行ログはこちら → クリック



明けましておめでとうございます。
ここ数年間は欠かさず元旦ツーリングをしていましたが、
今年は嫁さんの実家に帰省していたので今日が今年の初ツーリング。
また、最近の休みの日は登山もしているのでツーリングの機会が減ってました。

関東で冬でも林道を走るなら、うってつけなのが千葉県の房総半島。
ショートダートばかりですが、標高100~200m台の林道なので積雪もほとんど無く安心です。





バイクにGPSをつけたこともあり、東京湾アクアラインを使って神奈川の川崎から千葉の木更津へ。
都内の混雑を回避しつつ千葉に行けるので神奈川県民にとっては便利な路線ですが、
いかんせん料金が高くて今まで使えませんでした。。
今日はETC割引で、軽自二2,400円の料金が半額の1,200円。
これでもまだ高い気もしますがだいぶマシ。朝焼けのアクアラインを快走します。





さて、千葉県上陸後は館山道などを使い一気に金谷へ。
実は2005年以来4年ぶりの金谷元名林道へやってきました。
この車止めを越えてちょっと走ればダート開始です。





若干亀裂が入ってる気がしますが問題なし。
岩がむき出しの路面は珍しいです。





岩盤の路面は金谷元名林道の特徴かもしれません。
朝露で路面も滑りやすくなってますがガッツリ走ります。





途中コンクリ舗装となり林道開設碑を通過。
この後まだダートは続きます。





林道から海が程近いのが金谷元名林道のもう1つの特徴。
去年走った福井県の若狭幹線林道を思い出します。
でも、こちらは若狭ほど海に近くはないですね。





岩を切り通したような箇所が散見されます。
この付近は鋸山という岩山が有名なので、ここも岩場が多いのでしょう。
しかし路面は岩混じりから砂利になって走りやすくなってきました。





ここが、多分金谷元名林道で一番有名なT字路。
私は手前からこの岩に突っ込むように走ってきました。
なかなか立派な岩の塊が特徴的ですね

さて、本線は左ですがBAJAは右を向いてます。
右は房総半島らしい林道の1つ、竹岡林道となっているのです。
普段はぐちゅぐちゅでどろどろ間違い無しの林道との噂ですが、
ここ数日間ずっと晴れているので問題ないでしょう。
これより竹岡林道に突入します。



竹岡林道へ続く



INDEX