■北海道ツーリング1日目(新潟→小樽)



◆9/18(金) 天気:晴れ


GPSによる走行ログはこちら → クリック



めっきりツーリングから遠ざかり、バイクは移動手段としてしか見出せないこのごろ。
しかしながら、今年はついに3年ぶりの北海道ツーリング。
夏休みは一切取れなかったのでシルバーウィークでついに実現です。



高速ETC割引などを考慮して青森まで自走を考えたりもしましたが、
ここはやはり体力温存。新潟を出港して翌早朝に小樽に到着する新日本海フェリーをチョイス。
値段は張るがここは我慢です。





1:20

結局寝る時間は全くありませんでしたが仕方が無い。
テンションが落ちないうちに一気に新潟に行かねば。
パッキングもなんとか完了しました。





今回の荷物はこんな感じ。
いつものコンテナボックスや振り分けバッグに加え、
この旅にてタンクバッグとGIVIのトップケースも参入。
しかしながらシートが狭くなりリュックは背負えず。仕方ないのでコンテナボックスの上に搭載。

キャンプツーリングで無ければこの量の荷物はいらないんですけどね。
これで林道はちょっと厳しいかも。



さて出発。
走り出すとそこそこ涼しくていい感じですが、山間部を抜ける時はちょっと寒くなりそうですね。。
服はたくさん持ってきているのでいざとなれば着る事にしましょう。

第三京浜→環八→関越へと一気に突入。





3:15

関越自動車道の上里SAで最初の休憩。
かなり寒くなってきたのでインナーを1枚追加。
今回は3シーズンジャケットにインナーダウン、そして普通のダウンジャケットも念のため持ってきました。
しかしこんなとこで切り札を出すほど寒くは無いので問題なし。

しっかし眠い・・・
ここで休憩したり走行中に気になるパッキングの甘さを修正してたらあっという間に4時。
まあフェリーに乗り遅れる事はないと思いますが急ぐに越した事はない。
ちゃきちゃき出発しましょう。

そうそう、ここでER-6Fに乗るTさんと出会いました。
珍しく自分より年下のライダーに出会った気もしますね。
自分も着実に歳を重ねていくんですね・・・・。。





長い長い関越トンネルを抜けて一気に進みます。
徐々に空が明るくなってきたような気も。
もう眠気がヤバイ・・・・どこかで休まねば。
何気にガソリンの残量もピンチ。





5:30

ガソリンがリザーブに突入した直後に越後川口SA到着。
いくらBAJAとはいえ、エンジンぶん回しっぱなしで走り続けるとガソリンの減りが早いですね。
出発してから260kmほど走ったことになります。





ここで休憩した後は再び爆走。
睡眠は取りたいけどなかなか眠れそうにも無いので出発しましたが、やっぱちょいときついかも。
朝日と雲が素敵です。





7:20

なんとか眠らずに新潟港に到着。
フェリーを背景に記念撮影です。
もちろん既に食料は購入済み。フェリーの中でのんびりやりましょう。





うーん、3年前に比べるとやっぱ少ないかな。
今日はまだ平日なので、明日の土曜からは一気に混むのかもしれないですね。



いよいよ乗船。
上里SAで遭遇したTさんと再会したので、一緒に乗船する事にしました。





そうそう、今回は贅沢にS寝台を予約。
これはなかなか広くていいですね。
ぐっすり眠れそうです。





乗船後に外を見てみると・・・・おお!結構バイクがいるではないか。
ちょっと安心しましたね。





もしかしたら最初のバイク集団を捌いた後で少しバイクを溜めてたのかもしれませんね。
ある程度まとめて入れないとスペースの有効利用が出来ないのかも。



そうそう、今年はバイクを停めたとこの写真を撮り忘れましたが、
今回はコンテナボックスもトップケースも下に下ろさずに拘束してもらえました。 新日本海フェリーは基本的に全ての積荷を下ろさないといけないらしいのですが、ガッチリ固定されている積荷は例外のようです。





いよいよ出港。
今回もカモメが見送ってくれました。
でも前回に比べて数は少なめでちょっと寂しいかな。



さて、これから上陸後の予定を考えねばなりません。
どうすっかなー。キャンプ場ガイドや0円マップとにらめっこですね。

まあ・・・まずは眠らなければ。。





ちょっと睡眠をとったらあっという間に夕暮れですよ。
せっかくなので日没を撮影することに。





今日は夕日もばっちり見えましたね。
日の出と日没を両方見るなんて事は滅多にありません。



夜はTさんを見つけたので二人でお酒を飲みながら話していたのですが、
横から「面白そうなので話しに混ぜてください」と言われ、F650のYさんという飲み仲間が一人増えました。
来た・・・・これこそが旅の醍醐味です。旅は道連れ。みんなで楽しみましょう。
Yさんはなんとワインをフェリーに持ち込んでいるとの事で、3人でサクッと一瓶空けてから眠ることに。



さて、もう日付が変わりそうなのでさっさと眠らなければ。
明日は朝の4時半に小樽上陸。
天気もよさげなので、上陸初日が楽しみです。



走行距離:352.3km



北海道2日目(小樽→美深)へ続く



INDEX