■北海道ツーリング3日目(風烈布林道)



◆9/20(日) 天気:晴れ→雨→晴れ


GPSによる走行ログはこちら → クリック





美深歌登大規模林道を歌登側に抜けた後、道道120号を東へ。
天の川トンネルを東に抜けてちょっと走るとすぐ、左側に風烈布林道の入り口が。
この林道は北東のオホーツク海に向かって一気に走ることが出来るダートです。
オホーツク海側の晴天を期待して進入。晴れ予報の恩恵を受けるためにはもう海に行くしかないのかも。





景色はあまり開けないですが、終始このような直線ダートを楽しめます。
この付近も今は降ってないものの雨に濡れていて、たまに大きな水溜りなどもあったり。
時折水を跳ね上げながら進みます。





おっ・・・天気が徐々に良くなってきました。
とりあえず海に出る作戦は成功のようですね。 明るくなってきた空を楽しみながら走ります。このまま濡れた服も乾かしてしまいたいところ。





海に近づいてくると牧草地帯のど真ん中を走る開けたダートに変化。
高度は徐々に下がっていく感じですが一気に暖かくなってきました。
カーブもあまり無く、あっても緩やかなので快適そのもの。
ここならヒグマがうろついててもすぐ気付きます。
さすがに海沿いに出る確率は低いでしょうけど。





あっという間にダート終了。
地図では17kmの砂利ダートと書いてありましたが、スピードも出てたため全然長く感じませんでした。
ちょっと物足りない気分ですらあります。やはり風烈布は他の林道と合わせ技で楽しむ必要がありそう。
・・・それにしても、やっぱ山のほうの雲に包まれていますね。



ちなみに、2005/8/22の写真は→こちら

↑この時の日記を見るとこの先は風烈布林道ではなく牧場でしょうとか書いてますけど、
GPS持ってなかった4年前もちゃんと林道探し当ててたんですね。





林道を下りて海に向かう途中、ほのぼのした牛たちがいたので撮影。
バイクの音にも驚く様子を見せません。





真っ直ぐ走りオホーツク海側に抜けると、海沿いの国道238号線に続きます。
雲は多めですが日もちゃんと射すので、服も30分くらい走れば乾きそうな感じ。
このまま海沿いで晴れを満喫するか、山に舞い戻り林道を走るかで逡巡。



・・・・やはりここは山だ。
この付近には特に海沿いの見所も無いので、雨の林道へと戻ることにしましょう。
目指すは3年前に雲海を見たピヤシリ山。ピヤシリ越林道の感動を再び!

まあ、それは晴れていたらの話で・・・ 今回はきっと雨と霧の中を走ることになるのでしょうが、それはそれでいいでしょう。
行こうピヤシリ山へ。



北海道3日目(ピヤシリ越林道)へ続く



INDEX