■北海道ツーリング3日目(加須美峠函岳林道)



◆9/20(日) 天気:晴れ→雨→晴れ


GPSによる走行ログはこちら → クリック



ついに晴れた・・・
午後になってからようやく晴れた美深周辺。
いや、もしかしたら町の方はずっと晴れてたのかも。雨が降った形跡が無いので山のほうだけ降ってたのかもしれません。





しかし今なら分かります。
肉眼で山頂にあるレーダー雨雪量計システムが確認できるのです。
あの山頂では間違いなく絶景を見ることが出来る。

早く山頂へ向かわねば。





函岳へ向かうには、当然美深歌登大規模林道を走る必要があります。
加須美峠まで17km、更にそこから加須美峠函岳林道を走って10km。

朝のどんよりとした雲はもうありません。
気分爽快で山頂へと急ぎます。





すごいぞこの天気。
気持ちよく走ってたら、一気に加須美峠近くまできてしまいました。
山の天気は変わりやすいので、いつまた霧や雨雲に包まれるか分かりません。
このチャンスを逃すわけにはいかん。





加須美峠に到着。
さあ、分岐する加須美峠函岳林道へ向かいましょう。
自分が知る限り、道内の林道で最上級と言える区間の始まりです。





朝に訪れた時と同じ場所とは思えない景色です。
函岳山頂に向かい極上ダートを突き進みます。





山頂の建造物もよく見えるようになってきました。
行くぜ行くぜ行くぜーっ!!





空に向かって勢いよく突き進んで行きます。
素晴らしすぎる景色に大感動。
いつまでも続いて欲しいこのダート。





写真を撮り続けているのでなかなか進まないのですが、
それでもダートの終わりは近づいてきています。
午前中の雨があっただけに喜びも3倍増し。





そしてついに函岳山頂の駐車場へ。
バイクと車が1台ずつ、それぞれ先客がいるようです。

それにしてもこの景色・・・・
この方角には雲が全くありませんよ。
まだあの雨から数時間しか経ってないぞ。





これが山頂にあるレーダー雨雪量計システム。
360度見渡せる好立地をうまく利用して、道北の天気レーダーに一役買ってます。

ちなみに2006/8/26の写真はこちら

3年前の写真と比べると、何やらアンテナが増設されてるぞ。





そうそう、先客は多摩ナンバーのCRM250でした。
しばらくするとレーダーの後ろにある山頂から戻ってきたので、
天気が好転したことを喜び合いました。彼も午前中に一度訪れ絶望した仲間でした。





おおおおお!
山頂はまさに絶景。予想を遥かに超える景色に驚きです。
体中に感動が駆け巡ります。これは是非午前中に苦労したKATANAさんに教えてあげたい。
連絡先を聞いておけば良かったか?





こちらは北側の景色。
小さな池と低木が広がっていてとても美しい景色。
いつまでもぼんやりと眺めていたい風景です。心癒されますね。





こちらは西側の景色。
レーダーの向こうには太陽があるのでモロ逆光。
建物で隠してみました。海が輝いて綺麗なのですが、これは後で撮影しに行きましょう。





本当に素晴らしい。
飽きることない景色です。写真ではなく是非訪れて頂きたい。





まだ車で来ていた家族がいたので、
せっかく来たのだからと撮影してもらいました。





これは北西の風景
微かではありますが、写真中央の雲の下に山の稜線が見えるのが分かるでしょうか。
肉眼だと、この利尻富士がはっきりと見えるのです。
3年前来た時もここまでは見えなかった・・・。





そうそう、このちょっと危ない崖のところで遅い昼食をとりました。
この絶景の真っ只中でのんびりと過ごすひととき・・・
なんて贅沢な時間なんでしょう。





さて、そろそろ帰りましょう。
もう50分近く山頂でのんびりしていますが、ちょっと肌寒くなってきました。
9月半ばの北海道で標高1,100mオーバーですからね。



ちなみにこちらは、レーダー施設の反対側から見た西側の景色です。
日本海が陽を受けて光り輝いてることを確認できますね。
こちらも素敵な景色。





ちょっとアップで撮影。
さて、中央の海に浮かぶ島は恐らく左が焼尻島、右が天売島でしょうか。
角度的に2つの島が重なって大きな島に見えますね。

日本海側の離島といえば利尻、礼文が有名ですが、
焼尻、天売の2島も素晴らしいと人に聞きました。
今回はまだやることがあるので行く予定はありませんが、
いつか離島巡りもしたいものです。





さあて・・・ほんとにそろそろ帰らねば。
本当はいつまでもこの360度パノラマを満喫したいのですが、
このまま暗くなるのも困りますからね。





気温も着いた当初は10℃くらいあったのですが、徐々に下がってきてますね。
午後の函岳山頂は風も穏やかで大当たりな感じでした。
午前中は最悪でしたけどね。。





加須美峠まではこの壮大な景色を見ながら走ります。
本当に名残惜しい・・・・北海道に来るたびに移住したくなりますね。





だいぶ影が長くなってきました。
北海道は関東に比べて日が暮れるのが早いので注意しなければなりません。





夢のような時間も終わり、帰りはあっという間に走り抜けました。
この後キャンプ場に戻り温泉にゆったり入り一人宴会。
こう寒くなってくると、温泉そばのキャンプ場で本当に助かります。
それにしてもライダーが少ない・・・この連休で家族連れだらけの美深でした。



今日は波乱万丈でしたね。
午前中の雨がいいお膳立てになり、午後のピヤシリ山や函岳の感動もひとしお。
道内最高級の景色を堪能できたのは大きな収穫です。
これでずっと天気が悪かったら、北海道に大きな宿題を残すところでした。



今はこうして満足してますが・・・・
またツーリングが終わったら訪れたくなるんでしょうね。

満点の星空を満足行くまで眺めたので、そろそろ眠りましょう。
明日は道東にでも行ってみますかね。



走行距離:278.9km



北海道4日目へ続く



INDEX