■北海道ツーリング4日目



◆9/21(月) 天気:晴れ時々曇り


GPSによる走行ログはこちら → クリック



今日の天気は晴れ予報
晴れ予報で既に何度か雨に降られている北海道ですが、
今日はあまり山奥に行く予定が無いのできっと大丈夫でしょう。
さあ、テントを畳んで美深から移動しましょう。





朝はパンとコーヒーでのんびり。
昨夜も結構寒かったので、温かい飲み物には本当に救われます。





9:20

夜露に濡れたテントがなかなか乾かなかったのでちょっと手間取りました。
まあ、今日もテントを張るのでそこはある程度適当な状態でまとめて出発用意完了。
今日はオホーツク海沿岸を東に走り、道東の屈斜路湖に行こうと思ってます。





道道を北東のオホーツクに向けて走ります。
それにしても、昨日の朝に続き天気はまたどんより。
でも・・・これが美深の朝のスタンダードな姿なのかも。きっと海に出れば晴れるはず。





太陽はこの上空を漂う霧の向こう。
早く晴れてくれないだろうか・・・・





10:00

途中、トロッコ王国美深の前を通ったので立ち寄ってみました。
20年以上前に廃線となった線路を利用して、乗り手がトロッコを操ることが出来る観光地。
ここ数年で結構有名になってきたみたいですね。





自分も密かに乗ってみたかったりしたのですが、
1人でトロッコ遊びはいかがなものかと思ったのでやめました。
ここはいつか家族で訪れたときにでも行きましょう。

・・・それはいつだよって話もありますが。





再出発直後。
ふふ・・・やはり晴れてくれたか。
美深で朝を迎えるのは3回目ですが、いつも朝は霧に包まれてました。
もうあの霧には騙されないぜ。





まだ海側にはたどり着きませんが、ちょっと広々した景色があったので寄り道。

この後何事も無くオホーツク海側の国道238号へ合流。
海沿いの真っ直ぐな国道を走りますが、追い越し禁止のところで遅い車に捕まり困りました。





11:30
このタイプの牛横断注意標識は初めて見たので撮影。
もうちょっとリアルな牛が書かれた標識は見てきたんですけどね。

さて、既に国道から更に海側に逸れているのですが、それには理由があるのです。





それはこれだ!!



紋別の東にあるコムケ湖。
ここは湖と海の間の細い空間にダートがあるのです。
山奥ではありませんが、せっかくのオフ車なので当然ダートを目指します。

今日は波の勢いも結構あっていい感じです。





路面は締まった砂地って感じでしょうかね。
轍があるところであれば沈み込むことは無いので安心。
ちょっと逸れると柔らかい場所もあるので注意します。





右側に広がるのがコムケ湖。
広くて穏やかな湖ですね。野鳥が多く飛来すると書かれていましたが、今日はそれほどでもないようです。





天気は本晴れとはいかないですが、そこそこ気温も上がってきたのでいい感じ。
のんびり湖と海の景色を眺めながら砂地ダートを流します。





途中、デジカメのリチウムイオン電池が切れたので充電開始。
2つあるシガーソケットのうち、片方はGPS直結の外部電源です。
単3電池でもいけるのですが、やはり外部から電源を供給できるほうが安心ですからね。
そしてもう片方のソケットに差しているのがデジカメ充電。
インバータを介して家庭用コンセントで充電できる状態なので楽です。
ちなみに、充電器などはタンクバッグなどに突っ込んであるので邪魔にはなりません。

もう1つのリチウムイオン電池をデジカメに換装して先に進みます。





オホーツク海はかなり荒々しいですが、
コムケ湖は対照的にのどかな雰囲気を漂わせていい感じ。
バイクでは滅多に海沿いを走ることが無いのでしっかりと楽しみました。





さて、ダートの総距離も5kmほどのショートダートなのであっさり終了。
また国道に戻って東へ進みましょう。





12:35
サロマ湖のほとりにある道の駅「ファミリーアイランド・YOU」に到着
湧別町にかけてYOUなんでしょうかね?

ここは小さな遊園地がついてて家族連れがとても多いです。
シルバーウィークの影響もあるかもしれませんね。

さて、今日はここで昼飯にしましょう。





せっかくここまで来たので、やはりホタテづくしの定食を。
フライも漬物もみんなホタテだらけで大満足。
おなかもいっぱいで幸せもいっぱい。



この後は内陸に入り、端野→美幌を経由して屈斜路湖へ向かいます。





美幌町にて。
念願の100円ショップを見つけたので買い物をします。





それはこれ・・・・
この安くて脆いカラビナですが、こいつが意外と大活躍するんですよね。
食材を買ったときの買い物袋や、キャンプ場を出たときのゴミなどはビニール袋に入れてここに吊り下げたり。
今回は久々のロングツーリングだったので、すっかり忘れてしまったのですよ。





再出発。
国道243号線を美幌峠に向けてひた走ります。
美幌峠さえ越えれば、その先に見えるは屈斜路湖。
実に4年ぶりの屈斜路湖はもうすぐです。





15:30

4年ぶりにやってきた屈斜路湖。
美幌峠から見る屈斜路湖は相変わらず素晴らしい眺めです。

2005/08/25の写真はこちら





美幌峠の東側は気持ちの良いワインディングロード。
走って楽しい見て楽しい、ツーリングスポットとしては外せない場所だと思います。





写真中央部にある小さな半島が和琴半島。
4年前キャンプしたあの場所が今夜のキャンプ地です。

素晴らしい景色を堪能しきったところで、あの和琴半島に向かいましょう。





15:50
和琴半島のキャンプ場に到着。
しっかしここもシルバーウィークのせいで大混雑。
テントを張れるスペースがほとんど無いのでここに張りましょう。
お隣はファミリーキャンパーですがあまり騒がしそうではなかったので。



そうそう、ここで同じタイミングでテントを張っていた高知のズーマーさん、東京のハーレーさんと出会いました。
バイクのソロキャンパーはみんなテントを張る場所に困ってるようでしたね。
でもみんな、どうにか張れたようでよかったです。





さて、弟子屈の町まで買い物に行ってきたら空も暗くなってきました。
このキャンプ場、まとまった量の食材を買う場所が近くに無いのが難点ですね。
あっという間に1時間くらい経ってしまいました。



この後、先程のズーマーさん、ハーレーさんと3人で宴会開始。
ズーマーさんがホタテやら何やら海産物を持ってたので、おすそ分けしてもらいました。
これがまたうまくて感動・・・やはりこれが旅の醍醐味ですな。



しっかし明日の天気は曇り時々雨・・・・
晴れてれば林道大満喫デーの予定だったんですけどね。
ここは予定を変えて、観光地ではありますが知床半島にでも行ってみましょうかね。

以前知床に訪れたのはもう6年前・・・バイクの免許を取って僅か2ヶ月の時でした。
当然世界遺産に登録されてからは初めての知床。
天気は良くなさそうですが、明日も元気に楽しみましょう。



走行距離:310.4km



北海道5日目(知床半島①)へ続く



INDEX