■北海道ツーリング5日目(知床半島①)



◆9/22(火) 天気:曇り→晴れ→雨


GPSによる走行ログはこちら → クリック





おはようございます。
昨日は豪華な食事に大満足でしたが、今朝はいたって質素。
いつもの朝がやってきました。



しかしなんだいこの空は?
ずいぶんどんよりしちゃってるじゃないか。
道東は曇りや雨の天気という予報でしたが、見事に的中しやがったか・・・





湖面を漂うボート。
よく見ると釣竿を持っているようです。
朝食をとりながら、ぼんやりこの光景を眺めていました。



さて、天気は良くないですが出発する事にしましょう。
このキャンプ場にはもう一泊するので、テントを片付ける必要はありません。
雨具と工具を持って、知床方面に出発です。





屈斜路湖から国道を東に走った先にあるセイコーマート。
弟子屈市街の入り口にあるコンビニです。

ちなみに今日はオンロードツーリング予定。
林道の途中でごはんを食べる事も無さそうなので、お菓子と飲み物だけ購入して出発。



知床半島に真っ直ぐ向かうのも芸が無い気がしたので、
途中にある開陽台にでも寄りましょうか。
330度の大パノラマが広がるらしいのですが、6年前に行ったときはどんよりしてて感慨なし。
2日前の函岳に比べれば見劣りしそうですし、今日も天気は悪いですが寄ってみるか。





開陽台といえば「北19号」という直線道路が有名ですが、ここはそこから南に一本外れた道。
こっちは途中からダート路になるのでせっかくのオフ車としては突撃せずにはいられない。
ちょっと遠回りしてみましょう。





うんうんやはり気持ちいい。
調子に乗って爆走してしまいました。
とりあえずこちらの道路は裏北19号と勝手に命名。短いですが満喫しましたね。





こっちがほんとの北19号。
ダートを爆走してたらだいぶ東に来てしまったので、
この道を西に走って開陽台に戻ります。





9:50

開陽台に到着。
黒いXR250がいたので横付けして写真撮影。
乗り手は展望台のほうにでも向かったのでしょうかね。





自分は開陽台に対する思い入れがあまり無いので、
展望台には行かず記念撮影だけして先を急ぎます。

でも思ったより明るいな・・・
もしかしたら晴れてくれたりするのかな?





再び北19号へ。
少し分かりにくいですが一気にこの坂道を下っていきます。





これはたいした意味も無く対向車線に戻って撮った写真。
BAJAのライトは明るいぜ。



さあさあ知床半島に向かいましょう。
途中、標津のほうに「メロディロード」と呼ばれる通りがあるそうなので寄ってみましょう。
何やら道路に凹凸があって、そこを車で走ると音楽になるという道です。





10:30

特に途中の見所も無く、あっさり到着メロディロード。
実はバイクの重量や接地面積では音として認識する事は出来ないようです。
知ってはいたのですが何かの間違いもあるかもしれないので寄ってみたのです。





そうそう、流れるメロディは「知床旅情」。
途中写真のように歌詞のプレートが立ってたりします。



やはりバイクじゃただの道だ・・・





路面にはいくつも溝が掘られてたりします。
これが走行中に音を出す原因なのかもしれません。
バイクなので全く分かりませんけど・・・





・・・一体何を警戒しろと?って感じの警戒標識です。
しかもここでメロディロード終わりだし。。



でも珍しいですね。
多分全国唯一の警戒標識だと思います。 記念に持って帰りたいと言ってた人もいるようですが、全く理解できないとは言い切れません。



では、再び知床半島の奥へと北上します。





国道と並行する道道をあえてチョイス。
しかも途中からダートに変化しましたね。
この付近にはダート林道の先にある川北温泉や薫別温泉が有名ですが、
今回は特に入るつもりも無いので寄らないことにします。
薫別温泉はいつものことですが熊が見かけられてるようですね。





国道へ合流して海沿いを北上。
根室海峡の向こうには北方領土の国後島がよく見えます。





ちなみに、この国後島と択捉島には白いヒグマがいるそうなんですよね。
今後どうなるかは分かりませんが・・・行けるものなら一度見てみたいものです。





11:20

道の駅「羅臼」にやってきました。
ここから先は、一気に登りになり知床峠に向かう知床横断道路なのですが、
ちょっと小腹も減ったので休憩することにしましょう。





連休の影響かものすごい混雑してたので、
結局こいつを買っただけにとどまりました。





うん、なかなかうまい!
チープな味かもしれませんが自分には十分。
本当はもう少しゆっくりしたいところでしたが、ホッケバーガーが結構うまかったので満足。



さて、ここから先はいよいよ知床横断道路を越えてオホーツク海側へ。
天気は今にも雨が降りそうな感じなのが気になりますが、ここまで来たら行くっきゃない。



北海道5日目(知床半島②)へ続く



INDEX