■北海道ツーリング8日目(増田山)



◆9/25(金)


GPSによる走行ログはこちら → クリック



・・・目覚めると、いつもの景色とは違うことに一瞬戸惑う。



そうか・・・・今日はテント泊じゃないんだ。



昨日はたくさん飲みましたが、とてもすっきりした目覚めです。 とてもよく寝ました。



ドラム館の朝はゆっくりとしています。
のんびり起きてご飯を食べて、今日はどこへ行こうかと計画を立てます。



神戸のKTMさんからは、この新得町にある増田山の情報をゲット。
近くにある割に景色も良く、山頂までバイクで行くことが出来るようです。
まずはそこに行ってみることにします。

大阪のWR250さんからは、佐幌川沿いの林道情報をゲット。
これはパンケニコロベツと併走してシートカチ峠に向かう素敵林道だそうです。
シートカチ峠に北上する林道の中では、東からペンケニコロベツ、パンケニコロベツ、佐幌川の林道が3大ダートのようですね。
ただ、佐幌川の林道のほうはちょっと狭くて、いかにもヒグマが出そうな道のよう。

なるほど・・・・ここも行ってみねばなりません。

天気は晴れ。素晴らしき1日を予感させる青空です。
また、HONDA、YAMAHA、KAWASAKI、KTMのオフ車が揃うとなかなか壮観ですね。
KTMさんは支笏湖周辺の廃道探索に(これがまた素晴らしそうなところ)、WR250さんは私と同じく佐幌川の林道へ、KLX250さんは併走するパンケニコロベツ林道に向かうようですね。



濃いオーナーやメンバーたちに別れを告げ、まずは増田山へ向かいます。
そうそう、宿のすぐそばにあるホクレンのガソリンスタンドで給油したついでに、ホクレンフラッグをゲットしました。
以前は無料だったのに、今年は100円を払ってゲットする形になっているんですね。
ちなみにここでゲットしたのは道東カラーの緑。早速バイクに括り付けました。
確か道北が青、道南が黄色、HONDAの店舗が赤でしたね。





新得駅付近を西に走ると、路面はこんなダートに変化。
このまま増田山まではずっとダート路面となります。





新得市街から離れ、緩やかに高度を上げていきます。
昨日はずっと曇りや雨だった分、今日の快晴はとてもうれしいです。





途中十字路がいくつかあるのですが、
増田山方面の立て札があるので迷うことはありません。
他に走っている車両も無く、付近ののどかな景色を完全独り占め状態です。
ゆっくりと時間が流れている感じです。





一気に勾配がきつくなる手前にはこんな景色が。
実はちょうどバイクを降りようとしたときに電車が通り過ぎてびっくりしましたよ。
せっかくなので通過中の写真を撮ろうとしたんですが、なかなか来る気配が無いので諦めました・・・





一気に山頂まで駆け上がってきました。
距離は短くあっという間にやってきた感じがしますね。
遮るものが無い素晴らしい景色が迎えてくれます。





そうそう、ここは列車の線路がよく見えます。
後から知ったのですが、ここは鉄道ファンの中では結構有名な場所らしいですね。
インターネットで検索すると、多くの鉄道ファンのページがヒットします。
確かにここは線路が見える絶景。ほんと、列車が来たタイミングで撮影してみたかったです。



増田山の景色は予想以上でした。
のんびりとここで昼食を食べながら列車を待つのもいいかもしれません。
鉄道にはあまり詳しくないのですが、思わず自分も待ってしまいましたからね。



さて、気温もいい感じにポカポカしているのでしばらくのんびりしましたが、
列車もなかなか来ないので佐幌川の林道へ行きましょう。
まず目指すは佐幌ダムです。



北海道8日目(佐幌二の沢林道)へ続く



INDEX