■北海道ツーリング8日目(然別峡峰越林道)



◆9/25(金)


GPSによる走行ログはこちら → クリック





舗装とダートが入り混じるこのT字路。
ここから然別峡峰越林道がスタートします。
ここを左折すると菅野温泉がある鹿の湯。然別峡峰越林道は右に曲がることになります。
菅野温泉には、鹿の湯以外にも「菅野温泉旅館」があったのですが、数年前惜しまれつつも営業を終了したようです。





自分がやってきた舗装路は道道1088号「然別峡線」です。
ちょうどこの交差点が起点となっており、瓜幕のあたりまで南下したところで終点となります。

早速右折して、林道の本線を進んでいきましょう。





ちょっと進むと怪しげな東屋がありました。
しっかしあんなところでどんな景色が見られるものか・・・・
とっとと先へ進みます。





整備されたストレートダート。
峰越林道はこの先どのような風景の中を走るのか楽しみです。





道なりにしばらく進むと小さな池がありました。
こんな山奥にあるので綺麗で澄んだ池かと思いましたが、
何故かどんよりと澱んでいました・・・





池のすぐ先にはこんな広場が。
今まで一度もすれ違わなかった車両も一台。

右側には青看板もついており、
ずいぶん丁寧に作られている印象がありますね。





し・・・・しかし!!



まさかまさかの通行止めデスカ!?





これはだめだ・・・・
完全に道路はゲートで封鎖されており、中は廃道化しておる模様です。

なんということだ。
今回初めての通行止め林道がこんなところで。。





ハンターさん。。
看板に向かって試射するのはやめましょう。。



さて・・・
ここまでがっちり封鎖されていればどうにもならないですね。
時間もまだあるので、然別湖のほうにある終点に迂回しましょう。
あちら側には他にも林道があるようですしね。





道道1088号を戻る途中にキタキツネ発見。
ウロウロしてて危ないですね・・・。
なので、ちょっと威嚇して道路の外に避難させました。
でもきっとすぐ出てくるんだろうと思います。



さて、然別湖に向かう道道85号線に合流したところでちょっと休憩していると、
目の前をKLXが1台通過・・・



間違いない。
昨日とほ宿「ドラム館」でご一緒したKlXのMさんです。

どうしようかちょっと考えましたが、
せっかくなので然別湖方面へ向かうMさんを猛追します。





しばらくしてMさんがパーキングスペースに入ろうとしてたので、
そこで追いつき合流しました。

昼飯もまだ全て食べてなかったので、話をしながら軽く食事。
今日はMさんもトムラウシの林道を走ったりしつつ然別湖に向かう模様。
本日もドラム館に泊まるそうですね。

自分は今日こそ上士幌のテントに戻らなければいけないので、
Mさんとはここでお別れして然別湖を過ぎた付近の林道へ向かいます。





さらばMさん。
いつかまた会うこともあるでしょう。





さて、のんびりしてしまいましたが影も延びてだいぶ陽も傾いてきました。
今日走れる林道はあともう1本くらいかもしれませんね。
とりあえずは然別峡峰越林道の反対側に向かいましょう。





程なくして到着。
こちらもガッチリゲートで閉鎖されておりどうにもなりません。。





もう初っ端から封鎖されてるため、然別湖側からは全く林道を走ることが出来ません。
これは残念・・・・。



然別峡峰越林道、ゲートから中の様子を察するにだいぶ前から閉鎖されてるようですね。
実際インターネットで確認したところ、2007年位にはもう走行することが出来なかったようで、
そのまま放置されているようで復旧の見込みが立ってないようですね。
自分の持ってる地図は2006年版なので全く知りませんでした。



まあ仕方ない。
気を取り直してもう1本林道を走りましょう。
すぐ北の幌鹿峠付近から、ナイタイ高原のほうに抜ける林道があるのです。

ちょうどナイタイ高原は帰り道。
むしろ林道こそが最短路って感じですね。
日が暮れる前に走破しちまいましょう。



北海道8日目(不二川迂回林道)へ続く



INDEX