■杉戸林道



◆2009/12/27(日)


GPSによる走行ログはこちら → クリック



本日3本目の林道は杉戸林道。
房総半島では最も長いダートだと思います。
支線を含めて走るとダート15km以上。
一部ドロドロしている房総半島っぽさを感じる林道ですね。





ダートの入り口で写真を撮って出発です。
ちなみに東の国道297号線方面から進入です。





以前来た時はそれほど伐採活動をしている様子はありませんでしたが、
今回は結構本格的に林業が行われている感じです。
やはり重機や運搬車両などが入り込んでいるため、路面はおおむね良好って感じですね。





さて・・・・この分岐の先には確か怪しげなトンネルがあったはず。
今回もちょっと近づいてみましょうか。





前回来た時は路盤が苔むしていてバイクで近づくのを諦めました。
今回もとりあえず徒歩で行きますか。





まあ相変わらずですね・・・
どうせ崩落しているので、前回と同様の状態であることだけを確認して先へと進むことにします。





足を踏み入れてもこんな路面ばかりですしね・・・





この林道お馴染みの支線も多く、色々楽しむことができます。
前回は多くの支線を走りましたが、今回は長めの支線だけ進んでみます。





こちらの支線はちょっと開放的な感じがするので好きですね。
KLXのMさんを撮影。





空は快晴だったはずですが、いつの間にやら雲が増えてきた印象。
白く写りこんでしまいました。





崖の上に回りこんでKLXのMさんを撮影。
ちょっとした盗撮ショットになってしまいました。





この林道は支線も本線もほとんど路面状況が変わりませんね。
途中ドロドロしている部分はありますが基本的には走りやすい印象。





部分的には景色が広がる場所も。
晴れている日はやはり空がよく見える場所が気持ちいいです。





杉戸林道の名の通り、杉の木を伐採しております。
前回も冬に来たのに伐採の形跡はほとんど無し。
それに引き換え今回はいろんな場所で伐採が行われているようです。





杉の木に乗って遠景を撮影しているKLXのMさんを撮影。
短めな房総半島ダートですが楽しんでいただけているようです。





草むらの中に廃車が転がっています。
本線終点はガッチリとした新しいゲートが出来ているので、
四輪も出入りできる支線から出ることにします。





ちなみにここが支線のゲートだったりします。
こっちのほうがかなりのガッチリゲートじゃねぇか・・・・・・





と思いきや、鍵の代わりに結んである紐を解けば簡単にゲート開放です。





理由は以下の通り。
通行したら必ず閉めることにしましょう。





さて、これで問題なし。
この後すぐダートは終わり支線も終点となります。



さて、次はどこに行きましょうか。
房総半島には魔界的な獣道が多いですが、自分のBAJAで突っ込む勇気は無いので代表的な林道を走り繋ぎましょう。



横尾林道へ続く



INDEX