■茨城県道218号線①



◆2010/02/07(日)


GPSによる走行ログはこちら → クリック



天気予報は快晴!
今日もきっと見事な冬晴れの中走れるはず。
テンション高くバイクのエンジンをかけて出発。

さあさガッツリ走りましょう。
今日の目的地は茨城の険道。悪名高い県道218号線へと向かいます。
そして今日は「そうだ、遠くにイコウ」のあづさ2号さんと初めて一緒に走るのです。

あづささんとは同年代であることや、ほぼ同じ時期にWebサイトを立ち上げたりなど、
色々と共通点も見られる方なので楽しみです。
私のツーリングの中でも、特に廃道系スポットに向かう際は色々と参考にさせて頂いてます。





さて、明け方の高速道路を疾走して茨城へ。
茨城方面へバイクで行くのはもう5年ぶりくらい。
時間が全く読めないので、早めに筑波山の近くにある待ち合わせ場所に向かう予定です。

この天気は期待できますね。楽しみいっぱいです。





一気に高速道路を経由して茨城へやってきました。。
ここまで来ても雲ひとつ無い青空。
そこそこ寒いですが空の青がまぶしくて気持ちいいです。





さて、待ち合わせ場所のコンビニ「セイコーマート」に到着。
セイコマといえば北海道ですが、実は茨城や埼玉などにも進出しているため発見すると感動しますね。
北海道ツーリングに行きたくなります。



そうそう、セイコマにあるこの白いXR230・・・



実は今日はこいつに乗ってきました。
BAJAはお休み。嫁さんのバイクで初めてのツーリングです。

実は嫁さんのXR230は売却が決まっていたため、
1年以上ダートを走らせてなかったのは忍びないと思いラストツーリングに駆り出したのです。





そしてついにあづささんと対面。
以前廃道ツーリングに同行させて頂く予定が、こちらの都合で行けなくなってしまってからもう3年。
ついに本日、共に走ることになりました。



あづささんはもちろんのこと、わずか数年で10万kmを突破し数多くの廃道を走破したせろーさんにも感動。
少しお話をしてから、あづささんの案内で県道218号に向かうことにします。





爽快に走りなが、東側の大塚側から県道218号に突入。
否が応にも期待が高まります。





見慣れぬXR230の1ショット。
これよりダートに突入します(軽く踏み込んじゃってますが)





いい雰囲気です。
これはかなりの爽やか林道ツーリング写真となっております。
本番はもちろんこれからなのですが・・・



XR230はとっても快適。
高速道路での移動は大変でしたが、林道の中で操るならXR250よりも軽くて扱いやすい。
一瞬だけ手放すのが惜しくなりました。





日陰は雪が残ってますね。
まあ残ってるといってもこの程度なら問題無さそう。
既に体は温かくなってきているので、この程度の雪を見たところでどうということはありません。





眺望抜群なスポットにて。
先行していたあづささんもここで停まり記念撮影です。
山々の稜線がとても美しい。





そんな爽やかダート県道ツーリングをしていたら、
あっという間に一本杉峠へやってきてしまいました。
なんと既に工程の半分ではないか。





先に到達していたあづささんに撮ってもらいました。
こうして見ると、XR230に乗る自分の写真ってレアだなとか思ってみたり。





さてさて、一本杉峠から先はずいぶんと景色が変わりますね。
雪・・・というかこの付近一帯アイスバーンですねこれは。
いい感じに面白くなってまいりました。





一本杉峠からは他の林道にもアクセス可能ですが、
ここはやはり県道218号線でしょう。
力強く走るあづささんの後ろから、私も雪と氷の世界へ突入します。





峠は越えたものの、こちらはほとんど陽が当たらないようで完全に雪の中です。
でも、色々と気を使ってボディバランスを駆使して走っているので、
体はかなりぽかぽかしています・・・むしろ軽く汗かいてるくらいです。





しかし、雪だけというわけには行きません。
雪の下にはこんなアイスバーンが隠れてるものだから、
油断すると即転倒って事態になりかねません。





写真を撮っていたあづささんも、慎重にせろーさんに戻ってきます。





僅かに陽の当たる区間は楽勝なんですけどね。
斜度のあるアイスバーンが続く中、ここは安全地帯です。





あづささんに撮ってもらいました。

徐々に路面が悪くなってきましたね。
とりあえずこの付近は問題なくクリア。





・・・・うっ。
なんだか横を向いているようですが気にしないで下さい。
心の中で現オーナーの嫁さんと次オーナーにお詫びを申し上げました。

あ、見た目も中身も全く影響ないんで大丈夫です。





アイスバーン区間は結構続きます。
峠からはひたすら下りなので問題ありませんが、
この季節に逆側から進入したら登りきるのは大変でしょうね・・・





おっと・・・前方であづささんも転倒しました。
問題なくリカバリーしましたが、アイスバーンの上でバイクを起こすのはとっても困難。
エネルギーを意外と消費します。





さてさて、元々どんな路面だったのかは計り知れませんが、
今現在はかなり段差があるポイントにやってきました。

流れ出る水で路面がどんどんえぐられてしまったのでしょうかね。





高さを確かめるあづささんを撮影。
木が敷かれていて多少段差が無くなったようにも見えますが、
ただの林道ライダーな自分には十分驚きです。





まずはあづささん突入!
ハプニングを期待・・・じゃなくて心配してましたが、
無事に抜けることが出来ました。

さあ次は自分の番です。





びびって様子を伺ってるとこを撮影してもらいました。
写真だと何てこと無いような場所に見えるのですが、
実際見ると、結構高低差があるように見えてしまうんですよね・・・



では意を決して突入!





・・・・・は?



屁たれな自分はXR230を押して慎重に降りました。
このバイクはもう売り物なので、もし壊しちゃったら先日実車を見に来てくれた次のオーナーに申し訳立ちませんからね。



かっこ悪いがなりふりかまっていられません。





その後はこんな沢渡りをしながら安全地帯へ向かって進みます。

それにしても、こんなゴロゴロした岩が転がってる場所が県道とは。。





しかしまだまだ難所は続く。
技術の無いただの林道ライダーにはなかなか手ごわいポイントです。
こっから先のライン取りはどうするかね・・・・



茨城県道218号線②へ続く



INDEX