■林道陣馬形線



◆2016/10/12(水)


GPSによる走行ログはこちら → クリック



林道黒河内線からの続き





林道黒河内線を抜け南下。
昔から何度か行こうと思ってたのにタイミングが合わず行けなかった林道があったので、
今日こそはと思い向かいました。





林道黒牛折草峠線を抜けます。
入りきらなくなるからか、フォントサイズがやや小さい。
この劣化具合を考えるに、路線名だけ書き直した感じですね。





いきなり絶景。
陣馬形山の展望台に来たのですが、これが予想以上の景色。
とても素晴らしい。





更に進んでやってきたのがここ。





広域基幹林道陣馬形線。
昔より舗装箇所が増えたとの噂ですが、自分は初めてなこともあり楽しみです。





しっかりとした舗装路です。







途中、立派な石碑が設置されてました。
裏には日付が彫ってあると思うのですが、写真撮り忘れました・・・。
一体いつごろに供用された林道なのでしょうか。





絶景を横目に進みます。





この辺りはかなり真新しい舗装箇所です。
ちょっと前まではダートだったのかもしれません。





そしてテンションが上がる看板が!





きた!
飯島町最高ですよ・・・舗装する気全くないじゃないですか!





安定して走れる路面で快適です。





しばらく進むとこんな分岐点が。





この看板が左方面なのですが・・・
林道北の沢線、「の」の後付け感・・・というより後付け確定ですよね?これ。





こっちはちゃんと「の」を入れ忘れていないようだ。





本線方面はこんな感じ。





こっからは駒ケ根市だそうです。





もはや記入内容が不可能な看板。
林道を趣味とする者にはおなじみの看板なので、今更説明は不要ですが。





右側にはちょっとした東屋もあります。
今日既に3本目の林道なんで昼食をと考えましたが、どうせならもっと景色がいいところにしようと思い再出発。





さっきのものより更に立派な石碑もありました。





今度はしっかり裏側を確認しました。
そうか・・・平成2年開通ですか。
もう30年近く前ですね。





後半も快適ダートが続きます。





次に出てきたのは、支線との分岐にあるかなりド派手なゲートです。





ゲートのところで今更ながら全線が分かるマップを発見。
自分が進入したのは、ちょうど中心部の割れているところ(陣馬形キャンプ場)付近から北側(この地図で言うと右側)へ走ってきたところです。





支線にもしっかり看板が設置されており、迷うことはないでしょう。





なお、ゲートは施錠されていないので簡単に開けることが出来ます。





この鹿除けネット、この林道一帯に張られ続けています。
これ、自分が心配することじゃないんだけど結構お金がかかるんじゃないかな・・・





そして終点へ。
絶景区間はすでに舗装済みではありましたが、なかなか楽しむことが出来ました。
舗装されていようがいまいが、景色がいいところに来れて幸せです。



林道長谷高遠線へ続く



INDEX