■中国地方一周ツーリング(2日目)



◆4/29(金) 天気:晴れ


朝5時半にテントから出る。
結局昨夜の不審者は消えていて、バイクにも特に問題はなさそうです。





外はもう明るくなったので、顔を洗って出発用意。
もうジョギングする人たちも出てきたので、さっさと出発しなければ。





公園のすぐ横にあった中田島砂丘にて。
こんなところに砂丘があるなんて初めて知りました。
昨日は真っ暗だったので周囲の景色が分からなかったのでビックリです。





さすがに積載物満載のXRで突撃する気にはなれないので歩いて進入。
思ったよりも広いです。しかも、既に散歩してる人がいるし・・・





R1をひた走り愛知県に入りました。
豊橋市だと思いますが、路面電車を発見したので撮影。
この交差点からどうやらR23名四国道の起点らしいです。
ちなみにR23終点は三重県の伊勢神宮。



この後、特に見所も無くひたすら西へ走る。
R23を走り名古屋を通過、三重県に入りR25名阪国道へ。
一気に奈良県まで入ったところで吉野へ。



実はこのまま西へ走り続けるのが中国地方への近道。
でも、ツーリング計画中にどうしても見たかったのが、奈良県南部十津川村。
奈良県の総面積の1/5を誇る、日本一面積の広い村がこの十津川村だそうです。
ちなみに、村の面積の98%が山林という奈良の秘境。



この村の南部にある「谷瀬のつり橋」が目的地。
全長297m、高さ54mの日本一長いつり橋らしいです。





R168は大崩落でかなり迂回したけど、なんとかつり橋近くに到着です。
遠くからでもかなりの迫力ですね。





おお・・・みんな恐る恐る渡ってます。
遠目に見るとなかなか笑える光景です。





橋の上に来ました。
風が強く、歩くと左右に橋が揺れます。
高いところはいいですね。中途半端な高さは怖いけど、ここまで来ると特に問題無しです。
ちなみに地元の大人は原付でここを渡るらしいです。子供も自転車で渡るとか。

私もXRで渡ろうかと考えましたが、250ccのバイクじゃダメらしいです。
加えて、地元の人じゃないとバイクで通過しちゃいけないそうな。





中間地点にて振り返ってきました。
前のほうを歩いてる女性が「ありえへんありえへん」と叫んでます。
普通に歩くふりをしてちょっと揺らしてあげました。前方で大きくなる悲鳴・・・
ちょっとやりすぎました。





下を覗き込んでみました。
かなり高いです・・・下の河原はキャンプ場?車やテントがあり、子供たちが水遊びをしてます。

私の手が強ばってるように見えますが気のせいです。
ちっとも怖くないです。本当です。





最後は大渋滞です。
前のほうにとにかく怖がってる「ありえへん女性」がいるせいです。
だがしかし・・・彼女がなかなか進めないのは、30%ほど私が揺らしてるのが原因でしょう。



今日は奈良市内に北上してホテル泊です。
昨日から風呂に入ってないことや、野宿で仕事疲れもツーリング疲れも全然とれなかったので。
せっかくキャンプ道具持ってきてるのに、ちょっと軟弱な感じです。



走行距離 413.3km



1日目へ     3日目へ     INDEX