■中国地方一周ツーリング(7日目)



◆5/4(水) 天気:晴れ


夜中3時、岡山のKくんの電話で目覚めました。
彼はどっかで車中泊してるもんだと思ったら、仮眠した後福井からまた走り始めたようです。
私に負けず劣らずアホな男です。



夜中3時半にテントの前でKくんのパジェロと合流。
そのままテントを畳んで暗いうちから天橋立に出発です。
それにしても寒いです・・・。



天橋立公園前にバイクを停める。
Kくんのパジェロも早朝だから、目の前にどんと停めました。
特に問題は無いでしょう。

徐々に空が白んできました・・・朝焼けを撮影しなければ。





ドキドキしながら日の出を待ちます。
浜に急がなければ・・・次第に早歩きになる2人





そして日の出。
感動的な光景です。
綺麗な朝焼けにひたすら写真を撮り続ける男2人。





ちょっとズームで撮影してみました。
見知らぬカップルが朝焼けに映えます。
僕らがカメラを構えてるのに気付いてどこうとするので、Kくんと2人で「いい味出してんだからどかないでくれ」





今度は宮津湾メインで1枚。
キラキラと海にきらめく朝日がたまらないです。
ここで30枚くらい写真撮ってました。





しつこいようですがまだ朝日写真。
今度は松林に戻ってすこし引いてから撮りました。
思ったより綺麗に撮れてて大満足です。



人もほとんどいないので、落ち着いて朝の雰囲気を味わうことが出来ました。
ただ、まる1日走り続けた日に睡眠時間30分はきついです。
ちょっと眠りたいかも・・・





天橋立に似つかないふざけたボートです。
ガンダムカラーでコーディネートしてありますが、
間違いなく無許可でやっちゃった感がしますね。





今日は大阪に宿をとってあるので、それまではKくんとツーリング&ドライブしたいと思います。
私がXRで前衛、Kくんはパジェロで後衛というフォーメーション。
せっかくなので舞鶴港に来てコンビニで買った朝飯を食べました。

それにしても・・・・後から気付いたのですが、ナビを積んだパジェロがなんで後衛なんでしょう。
前衛の私が走行中にハンドルバーにくくりつけたツーリングマップルをチラ見。
これで全ての目的地が決まってます。というかほとんど勘で適当に走ってる感じです。



とりあえず、京都北部の山岳地帯を南下して兵庫をかすめ大阪に下りることにしました。
しかしながら綾部から南下する裏道が最悪です。
ツーリングマップルにも明確に「悪路」と書かれていた京都府道522号三俣綾部線・・・
私はKくんのパジェロで抜けるほどの幅員は無いと考え迂回路を考えましたが、
彼は行ける行けると余裕の表情・・・
しかし私の経験上の勘だと、県道入り口以降「この先絶対廃道化してる」という危険信号が光ってます。 Kくんはナビに踊らされてる気がしますが、その根拠の無い自信が気に入ったのでアタックすることにしました。





おーデンジャラス。
路肩欠損してかなりえぐれてますね。
私はバイクなので問題ないけど、渡った後に危険を感じKくんを止めようと振り向きましたが、
既にKくんは一番狭くなってるところに進入してました・・・。

心臓が悪くなるほどギリギリのラインを描き通過できたものの、
渡り終えるまではほんとドキドキでした。Kくんが落ちたらご家族にどう説明しようか考えてしまうくらい。



この先も、大きな岩をどかしたり丸太が倒れていたり・・・・
どんどん廃道化してきました。
既に突破はムリだなと諦めてはいましたが・・・・





ここでアウト。
私のXRでは余裕ですが、Kくんのパジェロでは無理な感じ。
既に車体の底には数多くの傷が出来てるだろうし、ここで引き返すことにしました。
なんとかUターンできる場所が手前にあったのも助かりました。

それにしても、こういう道路はたいてい引き返せる場所で「この先通行不可」とか書いてあるんですけどね。
京都の土木事務所はしっかり府道を管理しているのでしょうか?



この後国道9号に戻り、丹波の道の駅での休憩を挟み摂津峡経由で大阪へ。
千房でお好み焼きを食べました。

今日の写真はここまで。
この日はひたすら眠気との戦いだったのと、ソロではなく2人での行動ということも重なって写真はかなり少なめでした。
摂津峡を下りてるときなど、コーナーを曲がらずにまっすぐ突っ込んで危うく山の斜面に刺さるところでした。
後で見てるKくん曰く、3回は眠ってたな・・・・とのこと。ほとんど無意識で走ってました。



Kくんは結局この日で岡山に帰るとのことなので、
事故らないようしっかり祈ってからさよならしました。
2人とも旅好きなので、また会える日は来るでしょう。



私はといえば、ホテルにチェックインした後は夜の大阪で食を楽しむこともままならず・・・
16時からずっと眠り続けることになりました。
さすがに人間眠らないとダメですね。しっかり睡眠してツーリングを楽しまなければなりません。

明日はいよいよ帰宅。
大阪から横浜まで一気に帰るつもりです。



しかし・・・・翌日あんな目に遭うとは。。。



走行距離 210.7km



6日目へ     8日目へ     INDEX