■北海道ツーリング2005(2日目)



◆8/21(日) 天気:曇り→雨


深夜2時、静まり返ったフェリー内で目覚めました。
到着は明け方4時台だが、上陸後すぐ行動できるよう早起きです。

まだ空は真っ暗だけど、フェリー内インフォメーションの現在地情報を確認します。
既に北海道の沿岸にいるらしいけど、まだ外を見ても何も分かりません。

揺れるフェリーの中で顔を洗い服を着替え、到着まではツーリングマップルとにらめっこ。

あと天気のチェックも忘れません。
携帯で確認したところ、やはり今日の天気は雨。
激しく降る地域も多いらしいけれど、比較的道北のほうはマシなようです。

よし、今日は小樽から日本海沿いに道北地方を目指します。





到着直前。まだ空は暗いものの、どうやらまだ雨は降っていない模様です。
フェリーのロビーには観光客以外にも多くのツーリングライダーが固まってます。
車が先に出てバイクは最後に上陸なので、余った時間はいろんな人とお話して情報交換しました。
昨日新潟港に向かう途中にお話した人や、同じ横浜出身者などもいて、地元の話や今年の北海道の情報、今後の行く先についてやらメールアドレス交換やらしてたら、あっという間に自分たちが出る番に。



バイクの格納場所で荷物をくくりつけてる間にも、どんどん明るい出口へライダーが発進していきます。
発進するみんなに手を振ってたら、自分の用意がどんどん遅れてしまったので急ぐことに。
慌しく荷物を積み込み、残った少ないメンバーにピースサインを送り発進!!





ついに2年ぶりの北海道上陸!
前回は苫小牧でしたが、今回は小樽港に降り立ちました。
フェリーの搭乗口に向かって写真を撮ってたので、写真左上には走りゆくライダーの姿もフレームイン。
ひとしきり感動した後に出発します。





「日本海オロロンライン」を北上することにします。
今日はそのまま北海道最北端の宗谷岬まで行くことに決めました。
空はこれ以上明るくならないかもしれません。今にも雨が降り出しそう。





無数の干草?がくるくるとまとめ上げられています。
どんな機械でやってるんでしょうね。すごい綺麗にまとまるもんですね。
北海道の道路はまっすぐな道が多く、何も無いので視界も果てなく広く気持ちが良いです。



この辺りからはすれ違うツーリングライダーたちの姿が目立ちます。
私はツーリングスポットでは全国どこでもやるのですが、北海道ではライダー同士がすれ違う際、だいたい何らか挨拶をすることがお決まりみたいになってます。
挨拶もいろいろありますが、やっぱり一番有名なのはピースサインでしょう。
ある程度年を重ねた人は、ピースはさすがに恥ずかしいようで手を上げたり軽く頷きかけたり。

私はだいたい視界にライダーが見えた時点で挨拶のスタンバイをします。
そして相手によって挨拶にもバリエーションをつけることにしています。

1.一般のツーリングライダー
  →右手はアクセルを握ってるので、左手でピース(笑顔で)

2.オフロードバイクに乗ったツーリングライダー
  →満面の笑みでピース

3.同じ車種のライダー
  →腰を上げてスタンディングでピース

4.チャリダー(自転車ツーリングライダー)
  スタンディングで更にもう一工夫。だいたい「頑張れ」の意味を込めたサイン。


このほか、自分のテンションによっていろいろやります。
あくまで安全運転の範囲でですけど。
相手もなかなか手の込んだ挨拶をする人とかいてビックリすることもあります。
こうやって見知らぬ人と行うコミュニケーションも楽しいものですね。





羽幌という町にやってきました。
このあたりで晴れ間が見えてきて感動です。
天気予報だと完全に雨なので、奇跡的な晴れ間に感動しました。
陽の光が心地いいですね。

そして写真はピンボケしてますが道の駅の看板写真。
ハートマークが使われている道の駅なんて珍しいです。全国でここだけかも?





手前の留萌市あたりから気付いてたのですが、
ゼッケンをつけた自転車が周りを走ってます。
最初はまばらだったものの、追い抜けば追い抜くほどに数が増えていくような感じ。

沿道で声援を送ってる人に聞いてみると、どうやら今日は「日本海オロロンライントライアスロン」という国際大会が開催されているということが発覚。
いろんな選手を見ながら走るのは楽しいんですが、街中を走るときは渋滞するのでそれはちょっと困ります。





途中にあったトライアスロンの給水所にて。。
でもこれって給水?よく見ると水だけでなくバナナやおむすびなどいろいろ用意されてます。

ちょうどおなかが減ってたんで、走り際おむすびを取ろうか本気で考えてしまいました。
バイクで取ったらきっとすごい怒られちゃうんでしょうね。





羽幌の町ではこんなものも見つけました。
でっかいペンギンが迎えてくれますが、この町にペンギンはいるのか??



この羽幌の町で、2年前に「吉里吉里」という宿に泊まったので、
一度寄ってから北に向かおうと思いました。
2年前のときに宿に撮ってもらった写真を見ようと思ったんですけど、気付かずに20km以上素通り。。
今更戻る気にもなれなかったので、このまま北海道最北端の「宗谷岬」に向かいます。
ちなみにこの後もトライアスロンの人たちと併走です。
彼らの目的地も宗谷のほうなのかな?





道の駅「天塩」にて。
XRを後から撮影してると、いきなりフレームインしてきた原付ライダーが。

彼女は京都からやってきたそうです。そして北の稚内から来たというので天気の情報交換。
私の恐れる通り、稚内の天気は雨模様。彼女のレインコート見れば予想できたがやはり雨ですか。
彼女も天気が気になってたらしく、南側は晴れている事を話すといたく喜んでました。

でも、きっと夜には全道的に雨になるんですけどね。
ここで簡単な食事をとって稚内へ向かいます。





干草をまとめたビニール袋に、こんなこと書いてありました。
交通安全の注意看板とかもそうですが、オヤジギャグ炸裂ですね。
こういう無意味なのって好きですけどね。





トライアスロンの誘導には既に警察も関与しています。
困ったもんです。思うように進めない。





道道106号「稚内天塩線」にて。
「日本海オロロンライン」という日本海沿いに稚内に行くルートもいよいよ佳境です。
大迫力の風車群に感動。さすが北海道、スケールが違いますね。
走りながら全部で何基あるのか数えてたんですが、20基ちょい数えたところで忘れてしまいました。
この付近は強風地帯で、すごい勢いで風車が回ってます。
エンジンを止めて風を切る音を聞いてましたが、ブォンブォンと激しいです。



この後、ひたすらどこまでもまっすぐな道を進みます。
北海道のスケールの大きさには、やはり独特の何かを感じます。
来てよかった・・・。





「XR草原を行く!!」
見渡す限りの草原があったので、ちょっとこんなシーンも撮影してみました。

ちなみに後ろについてる青い旗ですが、これはホクレン(北海道のJA)のGSで給油するとツーリングライダーがもらえる旗です。
全道のホクレンを道北、道南、道東の3エリアに分け、それぞれもらえる旗の色が違います。
ちなみにこの青い旗が道北、緑が道東、黄色が道南だったと思います。





ついに稚内へ。
ここからはサロベツ原野の中を走ります。
一番気持ちよく走れるところですが、天気がちょっと不安。
雲もかなり厚くなってきて、雨の中に突入するのも時間の問題。
しっかりレインスーツを着込んでから進むことにします。





日本海の向こうに見える利尻島を撮影。
残念ながら利尻富士は雲に覆われて見ることが出来ませんでした。
晴れていれば素敵な景色だと思うんですけどね。残念です。





でも、こんな地平線までまっすぐな道を走るのってすごい気持ちいいです。
天気は多少悪くとも、心の中は幸せいっぱいです。





事件ですか!?
サロベツ原野恐るべし。何故こんなところで・・・
なんだか恐ろしくなってきたので早々に退散。



この後稚内市街を抜け、一気に宗谷岬へ向かいます。





宗谷岬、日本最北端の碑にて。
ここに来るのは2度目ですが、2年前も実はこんな天気でした。
晴れた日には遠くサハリンを見ることも出来るっていう噂なんですけどね。
けれどやっぱり端っこはいいですね。何かというと端っこを目指したくなってしまう自分。



さあそろそろ夕方です
今日はこれからどこに向かおうか・・・
最北端まで行くことは考えてましたが、その先の予定は全くの白紙でした。
ただ今更戻っても仕方ないので、今度はオホーツク海側を東にでも向かうことにしましょう。 手ごろそうなキャンプ場を見つけて泊まるつもりです。


東に向かって走り始めると、早速霧深くなってきて視界が悪くなってきました。
そして気付くとヘルメットのシールドに水滴が・・・霧のせいかと思ってたら雨に変わってきました。
結局最後は普通の雨になってしまう。

一気に気温も下がり寒くなってきたので、そろそろ限界です。
ちょうど近くの「クッチャロ湖」にキャンプ場があったので急いでキャンプ場へ。
入場料を払いテントを手早く設営し、屋根のあるところでやっと落ち着きます。
まあ、急いでも結局雨に濡れることには変わりなくテントも外は濡れてしまうんですけどね。

夕飯どうしようかと考えてると、同じようにテントを張ったライダーたちが出てきました。
彼ら2人は札幌から来たライダーで、「これからジンギスカン焼くけど一緒に食う?」とのお誘いが。
もちろん参加です。やっぱり食事はみんなで食べるのが楽しいし。

雨に濡れながら彼らと買出しに出かけ、ホームセンターでジンギスカンと網と炭と、他にもいろんな肉を購入。
お酒も買いまくりました。

そして宴会・・・・・
まだ他にも近くにいた見知らぬライダーも加わり、結局4,5人でずっと飲み食いしてました。
それにしても、適当に焼いたジンギスカンとビールのうまいことうまいこと。
ソーセージやら鶏肉やらも焼いたのですが、しっかり中まで焼けてるか不明な状態で食べまくりました。
もう酔っ払ってるのでよく分からない状態。ビール2リットル分は飲んでしまいました。



ふらふらしながらみんなで温泉へ。
このキャンプ場、日帰り温泉も歩いて3分の場所にあるのですごく良いです。
こんな状態で温泉に入ったら問題な気もしますが、もうそんな細かいことを気にするような状態ではないです。

まったり温泉に浸かってから、そのまま体が冷える前にテントに入り睡眠・・・。
健康って何ですか?って生活ですね。上陸初日からちょっと飛ばしすぎたかもしれません。
まあ、これから先も旅の途中はそんな細かいことを気にすることは無いと思います。



明日には雨が止むのだろうか・・・
携帯電話の電波が繋がったり繋がらなかったりですが、どうやら明日も雨の模様
詳しくは調べてないけどどうやら雨が降らない場所もあるようなので、それに賭けることにしましょう。







1日目へ     3日目へ     INDEX