■北海道ツーリング2005(3日目)



◆8/22(月) 天気:雨→曇り


昨夜はしっかり眠りましたが、雨音はなかなか止まず。
朝になっても霧雨舞ってました。

昨日一緒にジンギスカン食べたライダーたちも去り、自分もそろそろ覚悟を決めます
雨の中テントを片付けようと気合を入れて外へ!・・・・ってあれ?

運がいいのかなんなのか、一時的だろうけど雨が止んでます。
ここぞとばかり一気にテントを片付けます。





朝のクッチャロ湖。
なんとか雨も止んで出発用意完了。





荷物も搭載完了。
もう昼前ですが、この天気のせいで動くつもりが無いライダーもいます。
彼らはもう一晩ここに泊まるようです。





予報は雨なので、レインウェアを着たまま写真を撮ってもらいました。
これから先雨があまり降らなければいいんだけど・・・



残ってるライダーに挨拶して、自分はオホーツク海沿いの国道238号を東へ。
しかし、出発直後給油し数キロ進んだところで決定的瞬間を目の当たりにする!!





素晴らしい・・・XRの走行距離が11111km突破です。
決定的瞬間を収めることが出来て感動です。





しかしまたもや雨・・・。
これが11111kmを記録したポイントです。
雨だと景色も楽しめず、何のために走ってるのか訳が分からなくなるときがあります。





そんな中でも走ります。
とりあえず明日以降のことを考え、道北スーパー林道の北側の入り口探してうろうろ。
・・・とりあえずここでは無さそう。ツーリングマップルではいまいち場所が掴めないです。





・・・ここも違う感じ。
奥にいる牛を見る限り、あの奥には牧場か何かがあるんでしょう。



この雨で体温を奪われ、震えながらも南東へ向かってそのまま行こうと思ってましたが、
途中の道の駅「雄武」で見た天気予報だとオホーツク側はずっと雨。

さすがにげんなりです。でも雨雲と地図を見比べつつ、なんとかこの忌々しい雨から逃げることが出来るルートを見つけました。
目的地を南西方向へ。進路を大幅に変えて内陸の美深方面へ行くのです。





やった!なんとか雨雲から逃げることに成功です。
こんな「雨から逃げる」なんてことは、広い北海道以外ではなかなか出来ないと思います。



雨雲から逃げつつ美深に到着。
しかしながら、まだ雨雲が近づいてくるように見えます・・・。 濡れたレインウェアや靴を乾かすためにも、もう少し日の当たる場所を走る必要があるので、ここからは旭川方面に南下します。





見事に晴れてきました。
今日はずっと青空を見てなかったので、雲の隙間から見える青空はたまらないです。
しかし・・・・





ひぃぃ・・・・後には真っ黒な雲が。
あんなのがこっちに来たらひとたまりもないです。
R40を南下してとにかく雲から逃げます。



辺りが暗くなってきて、そろそろ寝床を確保しなければ。
結局旭川まではたどり着けず、途中の剣淵という町のキャンプ場へ行くことに。
テントサイトからすぐそばに日帰り温泉もあるので、ここは外せません。

テントサイトには何人か先客がいました。
Dトラッカーでやってきたライダーと神戸のBMW、埼玉のライダーカップルです。
更に遠くにある小さなテントにはチャリダーがいるようです。



温泉に入った後はDトラッカーのライダーとBMWのライダーと3人で宴会です。
Dトラッカーは道東のほうから来たらしく、今日は雨の林道を走り抜けてきたとのこと。
屈斜路湖畔の林道を走ったようですが、熊が出そうな雰囲気に怯えて全然楽しめなかったそうです。

空を見上げると星が綺麗です。
この分だと明日はバッチリ晴れてくれそうな感じ。
昨日と同様どれだけ飲んだんだか分からない状態で就寝・・・・明日が楽しみです。







2日目へ     4日目へ     INDEX