■2006九州一人旅(8日目)



GPSによる走行ログはこちら → クリック
日記と合わせてご覧ください。



◆5/06(土) 天気:晴れ→雨


6:00
久しぶりに早起きできました。
予報だと今日は午後から雨が降るので、それまでにやりたいことは全てやっておかなければなりません。
食事もせずテントを一気に片付け荷物をまとめ上げました。

となりのTさんはまだ眠ってるようです。
自分の旅はあと2日間で終わりですが、彼の旅はまだまだ続くようです。
Tさんの旅の無事を祈って出発です。





草千里に向かって走る途中の写真。
馬のことは全然分からないのですが、この足の太い馬・・・ポニーかな?
早朝の静かで穏やかな空気と重なって、すごいのんびりした光景に見えます。





小さくてかわいい。
でも体には認識番号みたいなものが書かれてます。
人間が管理しているので多少は仕方ないと思いますが・・・どうにかならないものか。





お気に入りの写真。
これでもっとくっきり撮影できればよかったんですけどね。





草千里展望所にて。
モロ観光地ですが7時過ぎなので人はまばら。
ここに来るまでほんと心穏やか空気も穏やか。時間がのんびりと流れている感じがして、綺麗な景色を眺めながら走っている今をすごい幸せだと思いながら走ってました。

雄大な自然は自然と人の心を穏やかにしてくれます。





雲は若干多いですがそれもまた一興。
とまあこんな具合にもう少し写真を撮ろうとしてたんですが、妙に話すおじさんに捕まりました。
車で東京からずっと高速に乗って一人旅してるらしいのですが、とにかく東京はこうだ東京はそうだって話ばかりしてきます。東京で生まれ育ったそうです。
田舎の人相手に東京の自慢をしたい・・・・そんな風にしか聞こえないんです。

・・・この人は阿蘇にまで来て何を言ってるんでしょうね。
もっと純粋に自然を満喫しましょう。ここには東京に無いものばかりがあるんです。
しかも都内の話してる割に、23区内のナンバーかと思えば都下の八王子ナンバーの車です。
ひたすら東京話をし続けるこの人に、「いや、八王子より横浜のほうが都会だし」とか言ってやろうかと思いましたが黙ってました。

本当はもう少しここにいたかったけど、いつまでも話し続ける彼を適当にあしらい出発です。





昨日乗馬を撮影した場所まで下りてきました。
まだ人もまばらなのでうりゃっとここに乗り上げてXRもフレームに入れてみました





9:00
次にやってきたのが、地図に書いてあった「大観峰」
どうやらかなりの絶景ということで来てみました。

確かにここはすごい!
阿蘇の町の全てを見下ろすことが出来る絶好のビューポイントです。





でも、残念なことにだんだん曇ってきてしまいました・・・
草千里から直接大観峰に向かえば近かったのですが、どうせならとぐるっと阿蘇山の周りを一回りしてたんですよね・・・もっと早く来れば晴れてたかな?





晴れてれば最高なんでしょうね。
空がみるみる曇ってきましたよ・・・
でも眼下に広がる景色は素晴らしい。





とりあえず、大観峰に来た証拠写真を撮影。
遠くには雄大な景色がそびえてます。





さあ戻りましょう。帰りはこんなところをあえて歩いてみたり。
目の前から突っ込んでくる子供と自分は同レベルらしいです。





途中で降りる機会を無くしてしまい、結局駐車場までひたすらここを歩いてきました。
一人でこんなことやってると結構目立つんですよね。



駐車場に戻ると、来たときとは打って変わってたくさんのバイクがいました。
レーサーレプリカやネイキッドが多かったですね。みんな九州のライダーたちのようです。
旅荷物の方はたまたま他にいなかったようで、関東ナンバーの汚い過積載オフロードに興味津々らしく・・・戻ってみるとXRを興味深く眺めてる人たちが数人いたので話しました。

一昨日までは林道や旧道ばかりでしたが、オンロードの峠道を走ったりこうして人のい多い観光地に来るのも楽しいです。





大観峰駐車場を後にしてすぐの場所にて。
阿蘇の山々をバックに記念撮影しましたが、山の上のほうが雲に隠れてしまいました。



さて、天気がよければもっと阿蘇を満喫しようとしたのですが・・・・
この後一気に山が雲に覆われたのでもう危険です。仕方ないので北九州に向けて走り出しましょう。





「やまなみハイウェイ」を北上して阿蘇からどんどん高度を下げていきます。
途中にあったのがこのやまなみ牧場の看板。

何を持ってるのでしょうか?
そしてこの少女のモデルは??
動物を見た感じ、アルプスの少女ハ○ジを意識しているように見えます。

この犬なんでしたっけ・・・・ペ○ター?パ○ラッシュ??
なんだかいろんな話が頭の中に入ってきて混乱してしまいました。





まただ・・・・
動物大集合。ハ○ジのソフトを狙う動物たちの画です



もう景色も楽しめなくなってきました。
こうなると、もういつ降り出すか心配するのみ・・・
最終日はギリギリまで阿蘇を満喫して一気に北九州っていう予定が完全に崩れ去りました。
今からまっすぎ北九州に向かっても何時間かフェリーの出航まで待つとは思いますが、雨が降るなら早く着いたほうがいいのかも。



結局雨におびえながら湯布院から山道を北上し、道の駅「院内」までやってきたのですが・・・
まだ昼だっていうのに、北九州まで100km以内の場所まで来てしまいました。

さすがに早すぎる・・・
どうせだからここの道の駅でお土産でも買うことに。
お菓子やらお酒やらを30分くらいかけてじっくり買いましたが、もう少し時間の調整が必要かもしれません。
ただ、雨が降りそうで降らない微妙な天気で、なかなか思い切った寄り道は難しいですね。

地図でも見ようとバイクを停めてあるところに戻ると、青いバイクに乗ったライダーが1人。
自分よりも若そうな彼に話してみると、北九州から日帰りで道の駅巡りをしている大学生(院生?)でした。
そのゼルビスのJくん、この道の駅には猪料理があるらしく食べに来たとのこと。


猪・・・そういえば自分もまだ昼食食べてませんでした。すっかり忘れてました。
昼食ならちょうどいい時間つぶしにもなるしってことで、Jくんと共に道の駅の食堂へ。





メニューはもちろん猪関連ってことで、「猪めしセット」をオーダーしました。

・・・・ん?
猪肉が食べられるのかと思いましたが、どこにも見当たりません・・・。
しかしよく見ると、炊き込みご飯の中に小さな肉がちょこっと入ってます。



どうやらそれが猪肉のようです。。
でも、猪肉は少しでしたがどれも結構おいしく頂けたので良かった・・・かな?
本格的に猪の肉を食べたいのなら、「猪鍋セット」をお勧めします。



さて、ご飯も食べたし出発しましょう。



・・・・しかしここでついに雨が!

仕方ないのでレインウェアを着込みます。
食事中、しきりにJくんが「おれ雨男なんですよ・・・今日降りますよ」と恐縮そうにしてましたが、今日はどうあっても雨は避けられない予報なので仕方ないです。


ちなみに北九州までJくんと一緒に走ることになりました。
彼はこのまま家に帰るそうなので、どうせならってことで道案内してもらえることに。
雨のせいで地図を見るのが億劫になるので助かります。



Jくんのゼルビスの後ろについて、雨の国道をひたすら走ります。
こうなるともう景色を堪能することもできずひたすら走るのみです。
途中国道10号に入ってからは渋滞するようになり、1人で走ってたら退屈でしょうがなかったかも。



渋滞の流れで走ってると、自分のペースで走れないから眠くなってしまいます。
かなり限界にきてたので、手近な道の駅でちょっと休憩することにしました。





16:00
福岡県に入ったところにある道の駅「新吉富」の駐車場にて。
Jくんのゼルビスは綺麗なブルー。自分の知ってるゼルビスと言えば赤って感じだったのですが、このゼルビスも元々は赤だったものを塗装してこの色になったとのことでした。
どうやらJくんも眠かったようで、休憩にはちょうど良かったかも。

北九州に向けて再出発しましたが、雨がどんどん強くなってくるのが辛いです。
さらに渋滞もなかなかのもの・・・時間にはかなり余裕を持っていたつもりですが、何時間も時間が余ることは無さそうです。
冷たい雨に打たれながら我慢して走り続けました。





18:00
駐車場でずぶ濡れになったレインウェアを脱いでるところです。

渋滞と雨の中門司港の近くまで来ましたが、まだ少しフェリー乗船まで時間があったので早めに食事をすることに。
出港は20時だから、19時までに手続きすればOKなんですよね。

というわけで、Jくんと共に九州シェアNo.1のファミレス「ジョイフル」へ。
Jくんにはいろいろ付き合ってもらって申し訳ないです。





19:00
新門司港フェリーターミナルにて。
結局Jくんにはここまで一緒に来てもらいました。
激しい雨の中道案内してくれて、ほんとにありがとうございます。

全然お礼が出来ませんでしたが、とりあえず自分のwebページとアドレスを伝えJくんとお別れです。

そして・・・・ここでJくんだけでなく九州ともお別れなんです。
雨がとにかくすごくて最後まで慌しく、全然感慨に耽る暇もありませんでした。。





フェリーに乗り込みまたもバイクすしづめ状態。
九州の最後が雨っていうのがほんと残念でしたね・・・写真ど真ん中がXRなんですが、レインウェアがバイクにかぶさってて何がなんだか分からない感じです。





帰りはこの寝台が自分の場所。
行きも帰りも2等の寝台ですが、こっちは行きとはなんだか雰囲気が違いますね。

それはいいのですが、行きは寝台にも多少空きが見られてとにかく誰の声も聞こえず静かな部屋でした。
しかし今日はもう地獄です・・・・中にいるのはほとんどが家族連れのようです。しかも小さい子供だらけ。

ほんとすごいですよ。
部屋の中を全力で走り回ったり大絶叫したり、子供同士で喧嘩したり赤ん坊は大泣きしたり。
子供を親が叱り付けて、それで一気に泣きじゃくる子供たち・・・横にはそれとはまた違うグループの幼児がダッシュですよ・・・。
少しも落ち着けません。一番ビックリしたのは、場所を間違えた子供が自分のベッドのカーテンを開けてしばし見つめ合ったことですよ。



無言の空間でした。
子供は何も言わずに開けっ放しで出て行くし、親も現場を見たにも関わらず無視ですよ・・・
どうなってるんだここは・・・子供だから騒いでもどうしようもないのは分かるけど、しっかり親が注意してあげてください。こっちは安心して眠れません。。



結局この阿鼻叫喚の惨状から逃げ、深夜までずっとフェリーの他のところをうろついてました。
ほんといつの間にか出港してたことにも気付きませんでした。23時ごろにはやっと子供も寝静まりました。



九州には今日を含めてまる1週間いたんですね・・・。
こうして思い返すと、今回は林道ばっか走ってた気がします。
毎日充実した日々だったので楽しめましたが、今後はもう少し観光するのもいいかなって思います。


明日は朝8:00に大阪上陸です。
そこから家まで帰るのですが、またも予報は1日中雨・・・・
最後の最後でこんな目に遭うのか・・・と思いつつも、今までほとんど雨に濡れず楽しめたんだから良かったのかも知れません。

ただ自分、このまま雨に負けて終わるだけには行きません。 今日の不完全燃焼なこの気持ち、なんとかするためにも明日の一人旅最終日は雨でもしっかり遊び倒してやると誓いました。

さよなら九州。次は今回全然行かなかった長崎や佐賀のほうも周ってみたいですね。
いつの機会になるか分かりませんが、またじっくりとエリアを決めていきたいです。



7日目へ     9日目へ     INDEX